ケーアイリビングの不動産不動産事業部

MENU

スタッフブログ

もうすぐは~るですねぇ♪

2019.02.24

こんにちは!

胃腸炎から復活した竹本です(#^^#)。 やっぱり胃腸炎は厳しかった~。

おかげさまで減量に拍車がかかりました!

ちょっと最近あったかい日が増えてきたと思いませんか。

今日の日の出は午前6時37分て、

一番遅いときは午前7時10分前後だったと思うのでずいぶん早くなったなぁ☼

もうすぐ春か~。

受験生の方々にも早く春が訪れますように心から願っています(アーメン)こらっ!

 

さて先日、新居竣工後のI様邸、撮影会がありました。

こんなオブジェはケーアイリビングのお得意なところです。

オリジナルステンドグラスも必須アイテムです♪(あー癒される)

 

まだまだたくさんお見せしたいところですが、ここは不動産ショップのブログ。

ということで、(そうそう竹本はファイナンシャルプランナいえーい!)

FP竹本は行く~🚲🚲🚲🚲🚲🚲🚲 を時々ゆる~くやってみようと思います。

個人の皆さんに関係のあるお話しだけね。(^_-)-☆

2019年度税制改正大綱が昨年12月閣議決定されて、消費税10%の引き上げが確実となってしまいました(´;ω;`)

ぞっとしますよね。10%!1割! 物を買ったらその一割分も(1万円買ったら1000円!)をお国様(地方にも少し)にくれてやるお納めしなければならないとは…。払わないとは言いませんけど、これはしっかり使い道を確認していかねばなりません。

これまで思い起こせば3%(1989年)、5%(1997年)、8%(2014年)と上がり、そして2019年いよいよ10%に。あ~さすがにこれ以上はご勘弁いただきたい。同じように所得も上がっているのならばともかく、結局裏の裏で、アベノミクス操作され、まあ、実質な~んも’景気よく’(所得がふえた)を感じていなかったんだから、増税は、少なくとも私には生活費増=生活苦となる訳です。

これから自宅を購入、建築する人はどうか。

「住宅ローン控除」の控除期間が3年間延長されて13年間となります。

あ、これは皆さん知ってると思いますが、住宅ローンを利用して自宅購入する人が対象の話です

(ちなみにFP竹本は10年間控除利用中=年末の住宅ローン残高の1%を源泉された所得税額と不足分は住民税額から控除されてます)。

住宅ローン使わず、現金で購入する人(おるんか~い、うらやましい)は関係ないね、ごめんなさい。

延長される3年分は、今回引き上げられる2%の負担に応じた控除額の上限が設けられ、所得税額から控除しきれない分については、控除限度額の範囲内で個人住民税額から控除してもらえるということになります。控除には上限額があって「認定長期優良住宅」や「認定低炭素住宅」の場合(要は高品質な環境にやさしい住宅か)上限5000万円と一般の住宅より1000万円多くなっています。(まあ、高品質なおうちはそれくらい高くなるかな)

ということで、これって、これから住宅ローン組まれる方には、いいんじゃないですか?

結構、この控除、年末に(そう、お金がたっくさんいる時!)戻ってくるのうれしいんですよね♪。

 

M銀行員時代は、

先方「住宅ローンはさっさと返すつもりよ」

という人に、

私「10年間、もらえるもんはもらっときましょうよ!。繰り上げ返済はそのあとでいいんじゃないですか??」

(「返す返すといいながら、なかなか返せる人なんていないのよ~(心のつぶやき)」)

「今超金利低いんだから。これって払ってる金利以上にもらえるってことですよ」

なんて会話頻繁にしていました。(控除額のある方向けです)

 

住宅ローン等の資金計画いつでもご相談OKです。

 

今だに宝くじ当選金をあてにして、せっせせっせとローン返済中のFP竹本でした。(このシリーズ続けてみよう)

ではまたごきげんよう♪。

 

 

 

 

ページTOPへ